痔について

痔は多くの方が悩まされている「誰にでもなる可能性がある病気」です

こんな症状はありませんか?

  • 肛門が痛い
  • 肛門が痒い
  • 肛門から血が出る
  • 排便時に痛みがある
  • 排便時に血が出る(便に血が混じる)
  • 便が出づらい(便秘)

など

症状でお悩みの方は一度ご相談ください

症状でお悩みの方は一度ご相談ください上記のような症状でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。痔を患っている可能性があります。痔は「誰にでもなる可能性がある病気」と言われていて、多くの方が悩まされている病気です。ですが、「たかが痔」と軽く考えたり、「肛門科に行くのは恥ずかしい」と思われたりして、病院できちんと診察を受けていない方も多いのが現状です。痔そのものは命に関わる病気ではありませんが、放っておくと重症化することもありますし、痔と思っていても別の病気が隠れていたりする場合もあります。不快な症状をお感じで「きちんと治そう!」と思われた時には、京都市上京区・肛門科専門の渡邉医院までご相談ください。

痔でお困りの方へ

わかりやすく丁寧に診察します

わかりやすく丁寧に診察します痔は日本人の3人に1人が悩んでいると言われている誰にでもなる可能性がある病気です。ですが、「肛門科に通うのは恥ずかしい」「お尻の悩みを誰かに相談するのは抵抗がある」などと思われている方も多いはず。京都市上京区の渡邉医院では、そうした方に気軽にお越し頂くために、入りやすい・通いやすい・受診しやすい環境を整えております。
お越し頂いた患者様には、わかりやすく丁寧な診察を行います。難しい専門用語などはできるだけ使わないようにして、日常的に使われる言葉で病気の状態や症状、治療方法などを詳しくご説明します。

不安を取り除くために詳しくご説明します

病院というのは私たちにとっては「日常」でも、患者様にとっては「非日常」の空間です。「どんな風に診察されるのか?」「どういう治療になるのか?」「すぐに手術をするのか?」など、色々不安に思われることでしょう。そのため「今からこんなことをします」「次はこんなことをしますよ」といったように、これから行う診察・治療の内容や目的を詳しくご説明して不安を取り除くように努めています。
例えば診察の時、肛門の状態を診るためにぬるま湯で浣腸を行いますが、いきなり浣腸をすると患者様は「どうして?」と不安になってしまいます。「指診や肛門鏡だけで全部わかるわけではありませんので、これから浣腸して出血や腫れの程度を確認しますね」と、これから行うことと、その目的をご説明して安心して頂くようにしています。

「肛門科の治療=痛い」というのはただのイメージです

「肛門科の治療=痛い」とお思いではありませんか?ですが、それはただのイメージです。今では手術以外の治療方法も増えていて、内痔核(いぼ痔の一種)の多くは「ジオン注射(ALTA療法)」という方法で切らずに治療することが可能です。手術も大変進歩していて、術後の出血や痛みもかなり抑えられるようになりました。「お尻の手術って大変なんじゃ…」と怖かったり、不安だったりする方も安心して京都市上京区の渡邉医院までご相談ください。

「治したい!」と思った時が受診のタイミング

お尻の病気のほとんどは良性ですので、基本的に命に関わることはありません。ですが、放っておくと重症化することもありますし、痔と思っていても別の病気が隠れていたりする場合もありますので、不快な症状でお困りなら一度当院へご相談頂き、きちんと診察を受けられることをおすすめします。「治したい!」と思った時が受診のタイミングです。お尻な不快な症状は、適切な治療・手術で解消することができます。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。