妊婦さんへ

妊娠中の手術・治療について

「妊娠中は治療も手術もできない」とお思いではありませんか?

「妊娠中は治療も手術もできない」とお思いではありませんか?「妊娠中は治療も手術もできない」とお思いではありませんか?そんなことはありません。妊娠中でもほとんどの治療・手術は受けて頂けます。「パオスクレ―」と呼ばれる痔核硬化療法も受けられるので、「妊娠中の痛みは我慢するしかない」ということではありません。
もちろん、手術・治療に際しては妊婦様のデリケートなお体や、お腹の中の赤ちゃんの安全を第一に考えます。病気の程度やお体の状態などに応じて最適な方法をご提案しますので、妊娠中でも辛い症状がある時には京都市上京区の渡邉医院までご連絡ください。

痛みを我慢せずに一度ご相談ください

妊娠中であってもほとんどの治療・手術が受けられるのは上記でお伝えした通りですが、それでもお腹の中の赤ちゃんのことが心配で手術やお薬の服用、軟膏の外用などをためらわれる方もおられます。もちろん、そのお気持ちはよくわかりますが、例えば血栓性外痔核の場合、触れると激しい痛みをともなうことがあり、そうした痛みを我慢し続ける方がお腹の中の赤ちゃんにとっても、妊婦様のお体にとっても良くない場合もあります。
病気の程度が軽度で、出産後まで手術・治療が待てるならいいのですが、痛みや出血などの辛い症状がある場合には、早めに治した方がいいのではないかと思っています。妊婦様でもほとんどの治療・手術は受けられます。お薬が飲めない、軟膏が付けられないということもありません。辛い症状がある時には我慢せずに京都市上京区の渡邉医院へご相談ください。

妊婦様も授乳中の方も「治したい!」と思った時が受診のタイミング

「外来で出血を止めて、手術は出産後」という方法もあります

内痔核の場合、出血がありますので、痛みがない場合には「外来で出血を止めて、手術は出産後に行う」という方法もあります。痛みがある時には、妊娠中でも手術を受けた方が良い場合もありますが、妊婦様でも手術は安全に受けて頂くことができます。
このように、その方の病気の程度などに応じて色々な方法を選択することができますので、ご本人様が「治したい!」と思った時には、心配なさらずに京都市上京区の渡邉医院までご連絡ください。

「授乳中なのでお薬の影響が心配…」というお母様へ

「出産後、赤ちゃんに母乳をあげているので、授乳中でも安全な治療を受けたい」とおっしゃられるお母様もおられますが、ほとんどのお薬は服用して頂いても母乳に影響はありませんし、授乳中でも安心して飲めるお薬を選びますのでご心配はいりません。

麻酔アレルギー・車椅子の方なども治療は受けられます

ほとんどの方が普通に治療を受けられます

ほとんどの方が普通に治療を受けられます「麻酔アレルギーがある」「障害がある」「体が不自由で車椅子を使っている」などという方も、お気軽に京都市上京区の渡邉医院までご連絡ください。例えば内痔核の場合、麻酔アレルギーがあっても麻酔を使わずに「ジオン注射(ALTA療法)」という方法で治療することが可能ですし、障害のある方や車椅子の方でも普通に治療を受けて頂くことができます。
このように様々な事情をお持ちの場合でも治療は受けられますので、ご自身で「治療は受けられない」と判断せずにまずは一度当院へご相談ください。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。