新着記事

2018.11.04

「11月の献立」を紹介します。

11月に入ってグッと冷え込んできました。昨日の文化の日はとても良い天気でした。私は丸山公園の野外音楽堂で開催された憲法集会に参加してきました。今週は少し暖かくなるようですが、風邪などひかないようにしてくださいね。
休日も入院している患者さんや、手術をしたばかりの患者さんの具合を診に診療所に行くのですが、その帰り道、鴨川を通って帰ってきました。まだまだ紅葉には早いようです。鴨川の桜の木が赤く紅葉すると、とてもきれいです。渡邉医院の玄関前の通り庭にあるハナミズキは、ずいぶん色付いてきました。赤や黄色に彩られる景色。楽しみですね。
さて11月最後のレシピは「11月の献立」のレシピです。
11月に紹介したレシピを使ってので献立です。土鍋ご飯の炊き方も紹介しますね。
土鍋で炊いたご飯のおこげの部分。香ばしくて美味しいですよね。11月のレシピのおかずでアツアツの白ご飯。いい感じだと思います。
献立は、「かぶら蒸」、「牛肉とごぼうのしぐれ煮」、そして「春菊のサラダ」と春菊を使ってのお味噌汁です。

11月の献立
1人分850kcal たんぱく質45g

「土鍋ご飯」

材料(2合分)
 米   2合
 水  360㏄ 水の量はお好みで調整してください

作り方
①   ボールに米を入れ、水を入れ、すぐ水を切る。
②      軽く混ぜて水を入れて水を切る。2回繰り返す。
③   水につける。最低30分。米が白くなるまで。
④   土鍋に水を切った米と、米のカップで2杯(360㏄)の水を入れ、ふたをして中火にかける。
⑤   約10分で沸騰する。沸騰したら弱火にして約15分。ぱちぱち音がしたら中火にし10秒で火を消す。
⑥   10分蒸らす。
⑦   ふたを取り、やさしく上下を返すように混ぜる。
*土鍋の外側が濡れて火にかけると割れる恐れがあります。

管理栄養士さんから一言
11月24日は『和食の日』だそうです。
秋の深まりにだしをとって土鍋でご飯を炊いてゆっくり過ごすのも素敵だと思います。
他の献立は手軽に作れて材料を使いきれるものを合わせてみました。

 


075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。