新着記事

2020.02.09

「肛門が緩んでしまった!?」

 今日は朝から京都は雪が降っていました。積もることはありませんでしたが、一日中雪は降ったりやんだりしていました。渡邉医院も薄っすら雪化粧をしていました。

 最近、患者さんの中で「肛門が緩んでしまった。」と心配されて受診される患者さんが少し多くなってきたのかなあと思います。「肛門が緩んでしまった。」と心配される患者さんに、「どうして肛門が緩んでしまったと思うのですか?」と聞いてみると、「いつの間にか便が出ていて、下着が汚れてします。」とか、「排便後、ちゃんと洗浄して拭いているのに、下着が汚れてしまう。」とか、「便がしたいという感じがしない。排尿するときに一緒に便が出てしまう。」などの症状を訴える患者さんが多いです。

 このような症状を訴える患者さんは高齢者の女性や高齢者の男性に多いかなあと思いますが、若い方でもこのような悩みで受診されるかたもいらっしゃいます。なかなかこのような症状は他の人に相談することができず、一人悩んでおられる方が多いと思います。

 さて、こういった「肛門が緩んでしまった。」という訴えで受診された患者さんを診察してみると、その多くの方は実際には肛門は緩んでおらず、しっかり肛門が締まっている患者さんがほとんどです。実際は肛門の締まりは悪くないが、勝手に便が出てきたり、汚れてしまうという症状が出ているようです。

 ではなぜこのようなことが起こってしまうのかです。

 便意を感じで便が出るまでの経過を少しお話します。まず直腸は便をためておくところではありません。直腸と肛門とで便を出すところです。正常では直腸は常に空っぽになっていて、便があってはいけないところです。
 便は通常、直腸より奥の大腸、S状結腸に待機しています。朝起きてご飯を食べたりして大腸が動く、蠕動運動が始まると初めて便は直腸に降りてきます。何もない直腸に便が来ると便がしたいという便意を感じます。そうすると脳が命令して、自分の意志とは関係なく、内肛門括約筋を緩めて便が出やすいようにします。そこに腹圧をかけると直腸にある便が排出されます。直腸のなかにあった便がすべてスッキリ出てしまうと、また肛門の内肛門括約筋は締まります。
 この内肛門括約筋の動きは自分の意志ではどうすることもできません。便意を感じてトイレまで我慢するために絞める筋肉は外肛門括約筋です。
 例えば直腸に便が無いときに肛門が100で締まっていたとしましょう。直腸に便が来ることで脳が内肛門括約筋を緩めて50まで緩んだとしましょう。そうすると50以上の腹圧をかけると便は排出されます。直腸にある便がスッキリ出てしまうとまた肛門は100で締まるという具合です。

 そうすると、「肛門が緩んでしまった。」と言う患者さんはやはり直腸にある便がスッキリ出ずに残っている場合が多いです。どうしても直腸に便が残っていると、便を出さなければならないので、内肛門括約筋は緩んでくれています。そんな状態で何らかの腹圧がかかった時に便が勝手に出てしまいます。
 直腸にちょっとしか便が無いと、便がしたいという便意もしっかり出ません。こういったことが勝手に便が出てしまう原因の一つになります。こういった患者さんに「便の状態はどうですか?」と聞くと「毎日出ています。」とおっしゃる患者さんがいます。でも、毎日便が出ていというよりも、直腸に便が残らずスッキリ出ていることが大事です。
 直腸に便が残ったままになっていると、便がしたいという感覚も鈍くなってしまいますし、残ったままになっているとだらだら一日中便が出てくることもあります。
 また、直腸に来る便の量が少ない場合も同様のことが起きます。こういった場合にはまずは便の量を増やして、直腸に着た便をスッキリ出すようにしていくことが大事です。そのためには便の量を増やすポリフルなどの内服薬や、コロコロで硬い便の時は酸化マグネシウムのような便を柔らかく内服薬をのみながら、直腸に着た便をスッキリ出すところから治療をしていきます。

 また、洗浄便座の洗浄が原因で肛門が汚れてしまうこともあります。
 排便後、洗浄便座の洗浄をされている方は多いと思います。洗浄そのものは悪くないと思います。でも洗浄の水圧が強かったり、一生懸命に洗うと、肛門のあたった水は、肛門から直腸の中に入っていってしまいます。入って水はどうなるかです。直腸に水が入ると、入った水をださなければいけないので肛門の内肛門括約筋は緩んでくれます。そして入った水が後から出てきて下着が汚れてしまうこともあります。排便後きれいにしなければということであまり強い水圧で一生懸命洗うことが汚れの原因にもなります。排便後は軽く洗って軽く様にしていくといいと思います。

 なかなか、便がいつの間にか知らないうちに出てきて下着が汚れたり、ちゃんと洗浄したのに汚れてしまう。どうしても肛門が緩んでしまったと思ってしまうかもしれませんが、便がスッキリ出ていないことが原因になることがほとんどです。相談し難い症状ですが、一人で悩まず相談してくださいね。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。