新着記事

2020.05.13

チョバン・サラタスとターゼファスリエのレシピを紹介します。

 今回はチョバン・サラタス(羊飼いのサラダ)とターゼファスリエ(さやいんげんのオリーブオイル煮)のレシピを紹介します。

 チョバン・サラタスのチョバンは羊飼いのことで、サラタスはサラダのことです。このサラダの名前が「羊飼いのサラダ」と名付けられた由来を調べてみました。羊飼いの人たちが、牧場で休憩するときにサッと野菜を刻んで作れる簡単なサラダということが羊飼いのサラダの由来だそうです。

 ターゼファスリエもトルコ料理の代表的な料理だそうです。調べてみると、クタクタになるまで煮込まないと「生だ。」と言われてしまうそうです。さやいんげんのシャリシャリと言った食感はないぐらいに煮込むのが本場のターゼファスリエなんですね。

 チョバン・サラタス(羊飼いのサラダ)はレモン汁でチョット酸っぱめ、ターゼファスリエ(さやいんげんのオリーブオイル煮)は唐辛子でチョットピリ辛。どちらもこれから暑くなる夏に向けていい感じですね。

 さて、私はこれまで一度だけトルコに行ったことがあります。イスタンブールに行ってきました。私の時代で言うと、庄野真代の「飛んでイスタンブール」です。
 私が医師になって、1年目の時です。33年も前のことです。この時の記憶に残っていることは次回お話するとして、イスタンブールで食べた食事の中で一番印象に残っているのが、カエルの足を焼いた料理です。
 その頃、助教授だった先生と二人で食事をした時です。なぜかその頃から「賢ちゃん」と呼ばれていたのですが、「賢ちゃん。ご飯食べに行こう。」と誘われレストランに行きました。その時、「このカエルの足を焼いたという料理を食べてみよう。」と。頼んで料理が運ばれてくると、割と大きなお皿に山盛り一杯の焼いたカエルの足が盛られていました。その姿にびっくりしました。でも食べてみると、鶏肉みたいで、しかも11本が小さいので、簡単に食べていくことが出来ました。食事ではこの焼いたカエルの足が今でもとても印象に残っています。

 ではレシピを紹介しますね。

チョバン・サラタス(羊飼いのサラダ)

材料(作りやすい分量)全量 約100kcal、食物繊維2

新たまねぎ   1/4個
きゅうり    1/2本
トマト     小1個
塩       少々
胡椒      少々
オリーブオイル 小さじ2
レモン汁    小さじ2

作り方

  • ①野菜はすべて同じ大きさのサイコロに切る。
  • ②①を塩でしんなりさせ、すべての材料を混ぜる。

    ターゼファスリエ(さやいんげんのオリーブオイル煮)

  • 材料(作りやすい分量)全量 約100kcal、食物繊維4g

    さやいんげん  100g
    玉ねぎ     1/4個
    カットトマト缶  50g
    オリーブオイル 小さじ1     
    砂糖      小さじ1
    唐辛子     1/2本
    水       大さじ2
    塩        少々

    作り方

  • ①オリーブオイルで唐辛子・野菜を炒める。
  • ②すべての材料を入れ水気がなくなるまで煮る。

 

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。