新着記事

2020.07.11

「鰻と夏野菜の煮浸し」と「うざく」のレシピを紹介します。

 8月のレシピは「夏を乗り切る!」をテーマでレシピを紹介しています。
 今年は721日が「土用の丑の日」ということで鰻を使ったレシピを紹介しています。
 鰻のレシピ第二弾は「鰻と夏野菜の煮浸し」と「うざく」のレシピです。

 またまた私の知らない言葉が出てきました。「うざく」です。「うざく」って何?ということで調べてみました。

 「うざく」は鰻とキュウリの酢の物のことだそうです。ウーン。「うざく」という言葉は知らなかったけど食べたことは有るということがわかりました。これまで名前を知らずに「うざく」食べていたんですね。
 鰻の蒲焼を良く冷やしたキュウリの酢の物と和えたもの。冷たくて、少し酸っぱくて、そしてシャキシャキしていて。夏にとてもあう料理だと思います。

 調べてみると、「うざく」の発祥の地は三重県だそうです。近畿地方一帯で好まれていると書いてありました。

 「うざく」の名前の由来を調べてみると、「鰻をザクザク切ったもの。」というところにあるそうです。「鰻をザクザク切った。」、「鰻ザクザク」そして「うざく」。なるほどなるほどと思います。また、キュウリをザクザク切る音から名付けられたという説もあるそうです。

 さてそれではレシピを紹介したいと思います。

「鰻と夏野菜の煮浸し」

1人分  約100kcal、たんぱく質 7.5g、食物繊維 2.7

材料(2人分)

〇鰻のかば焼き    1/4尾
〇鰻の頭
★ナス(切り込みを入れて)1本
★エリンギ(短冊)    1本
★伏見唐辛子(半分に切る)3本
油       
◇めんつゆ      大さじ2
◇水        200cc
◇生姜のしぼり汁

作り方

  • ①★を炒める。
  • ②◇に〇を加え煮る。①を漬けて冷ます。
  • 「うざく」

1人分  約130kcal、たんぱく質 10g、食物繊維 7.5

材料(作りやすい分量)

鰻のかば焼き    1/4
きゅうり(輪切り)   1本
わかめ(戻して)   50g
あわせ酢      大さじ1
みょうが(千切り)

作り方
①全てを和える。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。