新着情報

2018.01.31

内痔核(いぼ痔)の治療方法にパオスクレーによる痔核硬化療法があります。

 内痔核は肛門の3大肛門疾患の中で最も多い病気です。ちなみに肛門の3大疾患は、内痔核、裂肛、痔瘻の三つです。
 内痔核は世間一般では「いぼ痔」とか「痔」と言われています。
 肛門の外側から約2~3cmほど奥まで皮膚の部分があります。この部分を肛門上皮といいます。さらにその奥が直腸です。この肛門上皮のすぐ奥、直腸になったすぐの部分の粘膜の部分に内痔核はできます。この部分に静脈が網の目のようになった部分があり、この静脈の流れが悪くなり、うっ血した静脈瘤のことを内痔核といいます。
 内痔核の原因の一番は、排便時にぐっと力を入れて頑張っている時間が長いことが原因だと思います。特に便秘で頑張って出すことが原因となりますが、反対に下痢のときも、かなり肛門に圧がかかるので、内痔核の原因になります。
 内痔核の症状には排便時の出血や排便時に内痔核が出てくる(脱出)といったものがあります。特に出血は痛みがなく出血してビックリして診療所に駆け込んでこられる患者さんが多いです。でも内痔核は悪い病気ではありません。出血した内痔核があるからと言って、すぐに手術をしなければならないことはありません。内痔核は病気の程度で治療の方法が決まります。
 第1段階:排便時に出血する。違和感がある。
 第2段階:排便時の出血や違和感だけでなく、排便時に内痔核が外に出てくるが自然にすぐに肛門内に戻る。
 第3段階:排便時に内痔核が外に出てきて、そのままになってしまうので、指で中に押し込んで戻す。
 第4段階:常に内痔核が外に出たままになって押し込むことができない。
 この四段階に分けられています。ただ内痔核だけですと、このどの段階でも痛みはありません。内痔核以外のこと、例えば肛門に傷がついたり、血栓(血豆)が詰まったりした場合は痛みが伴います。
 今回は、第1度、第2度の内痔核、特に出血に関しての治療方法について、その中でも、パオスクレーという痔核硬化剤を使っての痔核硬化療法について紹介したいと思います。
 患者さんは、やはり排便時に出血して便器が真っ赤になるととてもビックリされます。また内痔核は痛みがなく出血するのでなおさらです。
 パオスクレーという痔核硬化剤での痔核硬化療法は内痔核に直接注射して炎症を起こさせて固めて治す治療方法です。ビックリするぐらい出血しても痛くない部分に注射をするので痔核硬化療法は痛みはありません。また痔核硬化療法は特に出血に関して良く効きます。
 パオスクレーの中身はアーモンドのオイルの中に5%の割合でフェノールが入っている硬化剤です。
内痔核にパオスクレーを局注すると、まずはアーモンドのオイルが直接内痔核を作っている静脈を圧迫することで出血などの症状を割と早くとってくれます。そしてフェノールが炎症を起こすことで、内痔核を硬化させ退縮させていきます。
 ただ、パオスクレーによる痔核硬化療法を行う場合、1箇所の内痔核に局注するパオスクレーの量が効果に影響を及ぼします。やはり量が少ないと効き目が少なくなってきます。
 論文で検索してみますと、内痔核の出血例に対する注射液の量とその効果をみると、1箇所の内痔核に5ml未満と5ml以上とでは明らかに効果に差がみられます。5ml未満の場合は痔核硬化療法を行った場合、完全に止血したのは42.5%であるのに対して、5ml以上の場合は、完全に止血したのは83.1%であったとの結果です。
また、第1度、第2度、第3度の内痔核に対して1回の注射での有効率はそれぞれ97.1% 、66.0%、66.7%であるのに対して、2回の注射ではそれぞれ、100%、88.7%、93.3%であったとしています。
このことからも、1箇所の内痔核に十分なパオスクレーを注入し、何回か繰り返して注射をすることで、症状が軽快し、内痔核が小さくなり治療の効果を十分に得ることができます。
 ただ、1箇所の内痔核に対して1回の痔核硬化療法で5ml以上の注入は難しいので(3箇所ですと15mlになります。)、1週間の間に2回の痔核硬化療法を行うことで、1箇所に十分に5mlを注射するようにしています。1週間の間に2回の理由ですが、1回目の注射が本格的に効果が出てくるのが1週間です。1回目の痔核硬化療法の効果が出てくるまでに十分な量のパオスクレーを局注したいとの理由で週2回行っています。
 痔核硬化療法は痛みがなく、入院することなく行うことができます。痔核硬化療法を行う時間も短く、数分で終わります。
 また痔核硬化療法を行った日も通常通りの生活で大丈夫です。その日も入浴はできますし、排便もしてもかまいません。ごくごく普通の通常通りの生活をおくっていただくことができます。
 排便時の出血でビックリされたり、違和感などの具合の悪い症状がありましたら、このパオスクレーによる痔核硬化療法での治療という選択肢もあります。お一人で悩まず、まずはご相談下さい。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。