新着記事

2021.01.15

「えび餃子?」のレシピを紹介します。

 2月のレシピは「お菓子なご飯」をテーマにレシピを紹介しています。

 第一弾は「うまい棒でお好み焼き」で、うまい棒を使ってお好み焼きを作るといった斬新なレシピでした。今回は「えび餃子?」のレシピを紹介します。

 餃子は時々無性に食べたくなりますよね。私は後は春巻きやカレーも食べたくなります。後は小さい時からマカロニグラタンが好きで、自宅に近くに「カリカリ海老グラタン」というメニューをでしていたお店がありました。行く度に「カリカリ海老グラタン」を頼んでいたら、お店の方が「今日はグラタンたべないんですか?」と言われるぐらいでした。そのお店には、「ミニ牛すじカレー」もあって、飲んだ後の〆に食べていました。無性に食べたくなるもの二つのメニューがあったお店でした。残念ながら、閉店になってしまいました。直ぐに行ける、私の無性に食べたくなるメニューのあるお店が出来て欲しい!と切に願います。

 さて、今日紹介する「えび餃子?」の「?」ですが、今回のお菓子は「かっぱえびせん」です。餃子のあんの中に「かっぱえびせん」?どんな感じの餃子になるのか?ビールのつまみにはもってこいかもしれません。

 ではそろそろレシピを紹介しますね!

「えび餃子?」

1人分  エネルギー 約150kcal
    たんぱく質 7g 食物繊維 1g

<材料> 
えび餃子?(2人前)

ポールウインナー(みじん切り)1
はんぺん(みじん切り)  1/3枚
きゃべつ(みじん切り)  30g
かっぱえびせん      15g
しょうが(チューブ)   1cm
ごま油          少々
餃子の皮         10
ポン酢・ラー油

<作り方>

  1. ①かっぱえびせんを砕く。
  2. ②全ての材料を混ぜる。
  3. ③餃子の皮で包み、フライパンで焼く
  4. ④お好みでポン酢やラー油をつける

 

<水餃子風>

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。