新着記事

2021.04.12

「人参葉のかき揚げ」のレシピを紹介します。

5月のレシピは、「風薫る季節」をテーマに紹介しています。

桜はもう散って葉桜になっています。まだ、朝夕は冷え込んでいますが、日中は本当に暖かくなりました。花粉症の方もそろそろ収まってきたころかなあと思います。季節もこれマラ過ごしやすいとてもいい季節になります。木々の緑も眩しく、本当に「風薫る季節」になってきました。

 木々の輝く緑の葉を見ると、気持ちもウキウキしてきます。なかなか大勢の人と一緒に楽しむことはできませんが、これからの季節楽しみたいと思います。

 さて、今回のレシピは「人参葉のかき揚げ」です。

 人参はオレンジ色の根っこを食べるだけではないんですね。人参の葉っぱも食べれるんですね。あとから管理栄養士さんの一言で紹介しますが、人参の葉にもいろんな栄養素が含まれているんですね。

 そういえば、私の家でも人参の葉を細かく切ってごま油で少しピリ辛にして、白い熱々ご飯のお供にすることがあります。いくらでもご飯が進んでしまいます。

 今回はかき揚げ。パリッと上げてサクッと食べる。食感もいいですよね。天つゆで食べてもお塩で食べてもいいですよね。人参の葉のかき揚げ丼も美味しいかもしれませんね。

 では、レシピを紹介したいと思います。

「人参葉のかき揚げ」

1人分)エネルギー  約200kcal たんぱく質  3g 食物繊維  1g

材料(2人分)

人参葉      1/2
新玉ねぎ     1/2個
あさり(むき身)  1
小麦粉     大さじ5
炭酸水     100ml
サラダ油      適量

作り方

  • ①人参葉は3cmの長さに切り、玉ねぎは薄切りにする。
  • ②ボールに材料を全部入れ混ぜる。
  • ③油でカラッと揚げる。

*炭酸水で衣を作ることによりさっくり軽い衣になります。
*あさりの塩分でそのままでもおいしいです。

管理栄養士さんから一言

葉にんじん
 人参は葉にも栄養が豊富に含まれています。普段食べている根の部分よりも多く、
ビタミンAは2倍以上、カルシウムは5倍も含まれています。
 最近は水耕栽培で年中出回っており、軟らかく生でも食べられ、セリに似た風味があります。
油溶性のビタミンを含むので油と一緒の調理がおすすめです。

 

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。