新着記事

2021.04.12

「三つ葉のわさび和え」のレシピを紹介します。

 5月のレシピは「風薫る季節」をテーマに紹介しています。

 今回は、「三つ葉のワサビ和え」のレシピを紹介します。

 三つ葉はよくお吸い物に香りづけでなど、彩りに使われたりします。三つ葉にはいろいろ種類があるようです。その種類によって、風味や硬さなどが違って料理によって使い分けるようです。

 三つ葉には三種類あるようです。

一つが「根三つ葉」。ごぼうのような根が付いていて、春から夏にかけて旬を迎えるようです。揚げ物や香りの強い食材を使う料理にお勧めだそうです。

二つ目が「切り三つ葉」。茎が太目でセロリに似ているそうです。やわらかい食感を楽しむことができるようです。生で食べたり、茶碗蒸しやお吸い物にするのがお勧めだそうです。

三つめが「糸三つ葉」。ハウスで水耕栽培されているそうです。スポンジの床ごとスーパーなどで販売されているそうです。この三つ葉は1年中楽しむことができるようです。

 私にはよくわかりませんが、料理に合わせていろんな三つ葉を使い分け、三つ葉を添える料理や、三つ葉そのものを楽しむのですね。

 三つ葉にもいろいろ栄養素があって、体に良さそうです。後ほど管理栄養士さんの一言で紹介しますね。

 では、そろそろレシピを紹介したいと思います。

「三つ葉のわさび和え」

1人分)エネルギー  約65kcal たんぱく質 7g 食物繊維 2

材料(2人分)

三つ葉       2
ささみ       1
めんつゆ    小さじ1
わさび(チューブ)2cm
サラダ油      少々

作り方

  • ①ささみはラップでくるみ電子レンジで加熱して冷めるまでそのまま置いておく。
  • ②三つ葉はさっとゆで3cmの長さに切る。
  • ③②を分量以外のめんつゆ少量で軽くもみ、しっかり水気を絞る。

*こうすることで水分が出て水っぽくなるのを防げます。
④ボールにめんつゆとわさびを混ぜ③と①を裂いて合わせ、仕上げに油をかける。

管理栄養士さんから一言

三つ葉
 三つ葉は緑黄色野菜でβカロテンを豊富に含み、油と一緒に取ることでさらに吸収がよくなります。他にもカリウムが豊富でビタミンEやカリウム・カルシウム・鉄・食物繊維なども多く含まれます。
 また、独特の香り成分はクリプトテーネンやミツバエンで、鎮静作用や食欲増進効果があるそうです。免疫力アップ・高血圧予防・貧血予防・不眠症改善にも効果が期待できます。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。