新着情報

2022.04.14

入院の想い出。「痛い!骨折」

 今、入院して療養中です。3月の半ばごろから具合がだんだん悪くなり、328日に受診した際に、緊急で入院となりました。入院した時は本当に全身がぼろぼろの状態でしたが、今ではもう、食事も本当に美味しく食べられるまでになっています。入院して2日目の朝食に出てきた刻んだソーセージや野菜が入っているトマトスープを飲んだ時は、「こんなに美味しく食べられるんだ!」と思わず涙が出てきたくらいです。もう少し治療が必要なようです。しっかり回復して渡邉医院を再開させるので、その時はよろしくお願いいたします。

 さて、わたしは今回で5回目の入院になります。結構何回も入院しているんだなあと思います。

 今回は4回に分けてその時の入院の想い出を紹介したいと思います。久しぶりのブログなので、誤字脱字はご容赦下さいね。

 1回目の入院は、小学校の6年生の頃でした。1970年の大阪万博の夏に小学5年生で京都に帰ってきました。ですから11歳。51年前のことです。

 走り高跳びが課題の体育の時間でした。徐々に高跳びのバーの高さが高くなっていき、脱落していく友達が増えていく中、最後にとうとう私と、もう一人の友達の二人になってしまいました。

 もともと、学校には体育の授業に行くと言っていいほどスポーツが好きで、今でもそうですが、意外と負けず嫌いで無謀な性格。「クラスで一番になりたい!」という思いで思いっきりジャンプ!着地が悪かったのか、本当に「ボキッ!!」という音が聞こえた記憶があります。気が付くと右前腕がとんでもなく折れ曲がっていて、とても痛すぎて、痛すぎて、「痛い。」とも言えない状況でした。

 そのころの第二日赤病院に運ばれ、徒手整復を試みていただいたのですが、右前腕の橈骨と尺骨の2本とも折れていたので、徒手整復はできずに、次の日の手術で治すことになりました。

 その日の夜は、痛みが強く眠れずに、痛み止めをいただいて少しうつらうつらしている際に見た夢が、私の腕を境界にして、両側で戦争をしている夢でした。どんな時も、戦争反対!です。

 翌日やっと手術。手術は右腕の伝達麻酔だったのか、意識はしっかりありました。トンカチのようなもので、「トンカン、トンカン」と音が聞こえていました。髄内釘を挿入していたのでしょう。

 ある程度、治ったところで髄内釘を抜去しました。その髄内手は、ずっと締まってあります。おそらく今も、実家のどこかに眠っているはずです。あるかなあ。

 この右腕の骨折のおかげで、左手である程度字を書いたりご飯を食べたりできるようになりました。やっぱり、得るところの何かあると思います。

 初回、入院の想い出はとても痛い思い出でした。

次回につづく。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。