新着記事

2022.04.16

「あみえびの新じゃがガーリック」のレシピを紹介します。

 今回は、レシピを紹介します。

 3月は、体調が悪かったり、休診にしたり、挙句の果てに今回の入院。バタバタとしているうちに過ぎてしまいました。そしてもう4月の半ばになります。

 せっかく管理栄養士さんに作っていただいたレシピ、紹介できない状況でした。少し遅ればせながら、3月のレシピの続きを紹介していきたいと思います。

 今日は「あみえびの新じゃがガーリック。」です。サブタイトルにはージャガイモは皮ごと調理で風味豊かにーです。

 新じゃがの旬の季節が心配で調べてみました。春先から夏場にかけてだそうで、まだまだ新じゃがのレシピ間に合うようで安心しました。

 渡邉家でもジャガイモとベーコン、その中にほうれん草が入ったものが食卓に出ます。ベーコンはカリカリに焼いたものが美味しいですよね。やはりジャガイモ、主食にもなるぐらい、美味しいですし飽きませんよね。私も炒め物だけでなく、一番好きなのが以前もお話ししたポテトサラダです。ポテトサラダだけでも白ご飯を頂けます。今回紹介する「あみえびの新じゃがガーリック。」ご飯のおかずにももってこいですよね。

 是非作ってみて下さいね。

 ではそろそろレシピを紹介しますね。

「あみえびの新じゃがガーリック。」

材料

ジャガイモ 4個
にんにく 1かけ
オリーブオイル 大さじ1
あみえび 大さじ2
セロリ葉 適宜

作り方

1.ジャガイモは芽を取り除き十字4つに切る。にんにくはあらくきざむ。
2.オリーブオイルとにんにくを入れた鍋を弱火にかけ香りを移し、ジャガイモを入れて火を強め軽く炒める。
3.ジャガイモが浸るくらいの水を加え、ふたをせず20分ほど加熱する。
4.水分が飛んだらあみえびを加えて軽く和え、火を止める
5.器に盛り、刻んだセロリ葉を載せる。

管理栄養士さんから一言
 南の方から新じゃがが届く季節です。加熱してもビタミンCが残りやすい、みんな大好きなジャガイモは芽をしっかり取り除き、皮ごと調理するようにしましょう。にんにくの香りが皮にも沁み皮の苦味も味わいの一つになってくれます。アミエビの旨味と彩りが春らしさを演出します。

075-441-4303LINEで相談 痔の手術漫画
一番上に戻る
一番上に戻る
痔の手術漫画LINEで相談0754414303
渡邉医院 痔のコラム お尻のことでお悩みの方 痔の手術専用NAVI ~監修:渡邉医院~渡邉医院の強み 女性のお尻のお悩みサイト

医院情報

院名 渡邉医院
住所 〒602-8462
京都府京都市上京区浄福寺通今出川下ル
竪亀屋町255
TEL 075-441-4303

診療時間

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~18:00

※日曜日・祝日は休診です。
※初診の方の受付は午前中9:00~11:00です。
夕方は再診の方のみの診療で、初診の受付はありません。
初めて受診される方、また、前回の診療から半年以上あいだの開いている方は、初診の受付時間にご来院下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。